新鮮な地魚をリーズナブルに食べられる趣味

海が身近にあるエリアに住んでいると、自然と趣味の中に釣りが入ってきてしまうと感じるのは私だけでしょうか?10年前まで海に縁の無い内陸部に住んでいた私は、もちろん釣りに強い興味を持つ事は無かったのですが、海に近いロケーションに引越してきてから海岸部をロードワークに利用する様になって、早朝から海岸に繰り出す釣り人の姿を多く見る様になりました。
それだけなら大して気にもならなかったのですが、たまたま通りかかった目の前で、とある釣り人が巨大なスズキを釣り上げる一部始終を見るという衝撃的なイベントを脳裏に焼き付ける事となり、そこから私も一気に釣りの世界へと嵌っていったのでした。
それから10年近く経ち、私自身ビックリする程釣りが上達したと自分で感じている訳ではありません。
ですが少なくとも夕食のおかずにするには贅沢かな?と思える程度の釣果に時折恵まれるまでになり、その楽しさだけは存分に味わう事が出来ています。
地元で釣れるまさに新鮮な地魚そのものですから、その味に殆ど外れはありません。
もちろん潮通しの良いエリアだからこそと言えるのかも知れませんが、同じ魚が地元のスーパーにてビックリする様な高値で売られているのを見る度、釣りという趣味を持つ事の有難味をつくづく感じているのです。
日焼け止め落とし