ホワイトニング後に気を付けたい飲食物

ホワイトニングを行うことで歯が白くなり、半年くらいから徐々に色が戻り始めます。ホワイトニングを行うことで、歯の表面を覆っている薄い膜がはがれ、12時間から24時間程度でこの薄い膜は再生されます。しかし、その間は、歯の表面のエナメル質がむき出し状態となっているため、歯に色が付きやすく、色の濃い食べ物などを食べないようにした方がより効果を得やすいです。一般的には、ホワイトニング後48時間は、控えた方が良いとされています。
避けた方が良い飲食物には、ポリフェノールを多く含む食品である赤ワインや大豆、ブドウ、チョコレート、ココア、お茶や炭酸飲料などのコーヒー、ウーロン茶、紅茶、コーラ、色の濃い食品であるカレー、ソース、ケチャップ、しょうゆ、ほうれん草などがあります。これら以外にも着色料を使用した飲食物は避けた方が良いとされています。
もしも、色の濃い飲食物を食べてしまった場合には、なるべく早めに歯を磨くようにします。歯を磨くことが難しい場合は、口をゆすいだり、水を飲むだけでも違います。どうしても食べたいものがある場合には、事前にコーティング作用のある歯磨き粉を使って歯を磨くことです。歯の表面のエナメル質と同じ成分であるハイドロキシアパタイト配合の歯磨きで膜が再生するまで一時的にコーティングします。ただし、粒子の細かい名のレベル配合タイプでなければ、有効にならないため注意が必要です。歯を磨くというよりも歯ブラシで歯磨き粉を塗るように行います。歯にコーティングすることが目的となるため、うがいは最低限に行います。
最近では、ホワイトニングに歯をコーティング作用のある成分が配合されているものが開発されています。
歯磨きを使って歯を白くする方法まとめ